男性

徐々に蝕まれる我が家|シロアリ駆除で住宅の劣化をブロック

追い出すか捕獲するか

メンズ

法律が存在している

テレビのニュースなどで取り上げられているように、国内で問題になっているのが害獣の被害です。特に被害が多くなってきている害獣がハクビシンで、電線を渡り歩いたりと、人口の多い市街地でも頻繁に目撃されています。天井裏に住み着くだけではなく、深夜に屋内を荒らされるなど、被害者の多くは突然の出来事に驚かされているのです。姿を見た、または実際に被害を受けた場合、早急なハクビシン駆除が必要といえます。単に追い出す・穴をふさぐといった行動は個人でも可能ですが、捕獲する場合には許可が必要です。そこで人気となっているのが、狩猟免許を持つスタッフが在籍するハクビシン駆除の専門の業者です。役場への許可申請も同時に行なってもらえるので手間がかからず、素早く確実な駆除が期待できると人気です。

追い出す際の工夫とは

ハクビシン駆除は上述のように法律が関わるので、個人で行なう場合には、煙で追い出したり寄せ付けない防衛手段を中心に行ないます。なるべく自前で済ませたい場合の工夫は、法律を理解した上で作業の計画を立てて順番通りに行なう、ということで、素早く安上がりというメリットも得られるのです。天井裏と仮定して、まず最初は煙を中心とした追い出しから始めます。捕獲はできないので、逃げ出す経路を作っておくのも、ひとつの工夫といえるでしょう。また、ハクビシンが出入口として利用している穴があるはずなので、追い出しの前に把握しておくことも大切です。追い出しが済んだ後は、この穴も完全にふさぎます。家屋の近くに畑がある場合、作物を目的に住み着いている可能性もあります。そういった場合には、やはり捕獲が必要です。迷わずハクビシン駆除の業者に依頼するのもひとつの工夫で、確実にいなくなるというメリットにもつながるのです。