男性

徐々に蝕まれる我が家|シロアリ駆除で住宅の劣化をブロック

ハクビシンを野生に帰す

悩む女の人

捕獲は行わない

ハクビシンは、野山に生息する野生動物ですが環境の変化に伴い徐々に街中でも出没するようになっています。体にはノミやダニがついているほか、数多くの雑菌がついているため接触するとアレルギーの発症など健康被害を受けることがあります。ハクビシンはジャンプ力があり木登りも得意であるため屋根裏への侵入も可能で、屋根裏にある断熱材を荒らして寝床にしたりトイレとして使います。そのため、天井が腐って抜け落ちたり建物の変形にもつながります。ハクビシン駆除は、基本的に捕獲は行ないません。捕獲するには許可や資格が必要になるからです。ハクビシン駆除は、捕まえて外に出すのではなく自ら出て行ってもらうようにすることが大事になります。

燻煙剤で追い出す

ハクビシン駆除には、燻煙剤を使うと効果的であると言われています。燻煙剤を使って煙を充満させると、ハクビシンは新鮮な空気を求めて外に出るようになります。そのため、ハクビシンが出入り口として使っている穴から最も遠い場所から徐々に燻煙剤を使って出入り口にハクビシンを追いやるという方法になります。ハクビシン駆除は、生息しているハクビシンの数や状況などによって時間がかかることもありますが根気よく続けていくことで追い出すことが可能であると言えます。ハクビシンが出て行ったら、あとは侵入口を塞ぐだけになるので追い出すことが重要になります。金属製のネットなどを使って隙間や侵入口を完全にふさぐことで駆除が完了となります。