男性

徐々に蝕まれる我が家|シロアリ駆除で住宅の劣化をブロック

専門店に依頼しましょう

ハクビシン

屋根裏に住み着きます

猫を一回りほど大きくしたような風貌を持っている動物がハクビシンです。ハクビシンは基本的に夜行性の動物で夜間に周辺の果樹や作物などを食べ、日中は民家の屋根裏などに住み着いています。おとなしい動物なので家の周辺で見かける分には問題ありませんが、屋根裏などに住み着かれてしまうととても厄介なことになります。ハクビシンは夜間の騒音の原因となるばかりでなくノミやダニを媒介するほか、屋根裏に糞尿をしたり配線を齧るなどの被害をもたらします。とくに糞尿に関しては同じ場所にまとめてする習性があるので、屋根板を腐らせてしまったり強烈な悪臭の原因ともなってしまいます。ハクビシンはわずかな隙間があれば簡単に侵入してきます。夜間に猫が走り回るような足音が屋根裏から聞こえてくるような時は、ハクビシンが屋根裏に住み着いている可能性が高くなります。

簡単に侵入してきます

ハクビシンは屋根裏に住み着くため、個人でハクビシン駆除を行なうのは危険です。そのためハクビシンが住み着いたときは、専門店に依頼して駆除しましょう。ハクビシンは木登りが上手いため、壁の側面に設置してある雨どいや庭に植えてある木などを利用して屋根裏へと簡単に侵入してきます。そのためハクビシン駆除では侵入経路の特定が重要になります。侵入経路の確認ができたら屋根裏にある隙間などをふさぎ、通り道にハクビシンが嫌う忌避剤を散布して、再び侵入することができないような処置をしながらハクビシン駆除を行ないます。屋根裏にハクビシンがいる場合はハクビシンが嫌う音や燻煙などを利用して、屋根裏の外へと追い出す方法を取ります。それでも外へと出てこない場合には捕獲器を使用して駆除します。ハクビシン駆除ではハクビシンの捕殺は行っていません。捕えたハクビシンは問題とならない場所で開放するので、捕殺処分に抵抗感を感じる人でも安心して依頼することができます。